オーナーの設置

最近の集合住宅によっては専門のテレビを見ることが出来るところが増えています。ですから、それを使って入居者を増やすというオーナーもかなり増えています。そのようなテレビの回線の増やすためにアンテナ工事をしてみると良いです。

集合住宅ですので、結構大掛かりな工事になることもありますので、出来るなら集合住宅にアンテナの設置をしたことがある業者に依頼をするようにしてください。専門の業者がいるはずなので、それを探してしっかりと設置するようにしてください。

集合住宅にアンテナを設置する場合、基本的には1個で良いです。あとはそこから回線を増やしたりすることで問題なく各部屋でテレビを見ることができるようになります。ですから、上手く設置するようにしてください。

集合住宅などにアンテナを設置する時に注意しないといけないのがケーブルです。ケーブルの劣化により配線が壊れるということがありますのでオーナーの人は注意です。それを避けるための工事をすることをおすすめします。ただし、基本的に数十年先のことです。何かしらのトラブルがない限りはあまり考えなくても良いかもしれませんが、メンテナンスなどのことを考えてしっかりとアンテナ設置をするようにしてください。

必ず管理人に相談

集合住宅によっては、何かしらの今までの部屋とは異なることをする場合必ず管理人に相談をしないといけない場合がありますので注意です。例えば、リフォームなども内容によっては確認してからでないと駄目な場合があります。そして、その確認はアンテナ工事にもあります。

集合住宅の場合、アンテナの設置で適したのは屋上です。そこに勝手にアンテナ工事により設置することは基本的には禁止されています。ですから、必ず管理に相談をするようにしてください。相談の内容によっては設置をOKしてくれる場合がありますが、完全に駄目という場合もありますので注意です。また、屋上以外にベランダに設置するという場合もありますが、これも必ず確認するようにしてください。ベランダは消防にも影響するものです。ですから、勝手に設置することは禁止されています。それに、設置が甘いと落下の危険性があり非常に危険です。ですから、管理人の許可は絶対に必要になることです。

アンテナ工事を許可されたとしても、しっかりと管理人に現状報告の方をするようにしてください。また、場合によっては大工事になりますので、他の住人にも許可が必要になる場合がありますので注意です。そのためにもまずは管理人に相談をしてください。

場所によって必要ない

アンテナの設置は地デジ化や特別な番号を見るために必要なものですから、必要ならばアンテナ工事をしないといけません。しかし、集合住宅などのマンションの場合、それが必要にならない場合がありますので、しっかりと確認するようにしてください。

集合住宅などによっては、元から設置されていることがあります。それもアンテナではなく、テレビ回線でしっかりと設定されているところがあります。ですから、アンテナ工事をする前に必ずそれらの設定がされているかを確認するようにしてください。ちなみに、引越し先を決める際にそれがあるところかを事前に確認することでそもそもアンテナ工事は必要ありません。それと、地デジ化により多くのところで対応しているので、地デジ化のためのアンテナ工事が必要にないということが結構あります。

最近では特別な放送を見るためのアンテナを工事により事前に設置しているところがあります。そうすることで入居者率を上げることができるので、それを考えてオーナーが設置することがありますので、必ず確認してください。特に、特別な番号をみたい時にもしかすると既に契約としてある場合があります。また、契約すれば見ることが出来る場合もあります。このような場合は業者に頼んでアンテナ工事をする必要はないので注意です。